Webookshelf :::

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小説】鍵のかかった部屋 (著)貴志祐介

<<   作成日時 : 2011/08/06 01:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

防犯コンサルタント 榎本と、弁護士 青砥純子のコンビが密室トリックに挑む。二人の軽妙な掛け合いは相変わらず。

4つの短編から成っているが、表題にもなっている「鍵のかかった部屋」の密室トリックが個人的に一番意表を衝いていて良かった。密室のドアに鍵をかける方法が新しい。

最後の短編はちょっと洒落を効かせ過ぎな気がする。ただ、あそこまでハチャメチャな話なのに、筋の通った本格物になっているあたりはすごい。

貴志先生の「悪の教典」のような本格的な話も良いが、こういう脱力感のある話も良い。


鍵のかかった部屋
角川書店(角川グループパブリッシング)
貴志 祐介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鍵のかかった部屋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

相互リンク


【小説】鍵のかかった部屋 (著)貴志祐介 Webookshelf :::/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる